ペニス増大

ペニス増大に関する総合サイト/増大メカニズム/増大サプリ/増大器具/増大手術

*

ペニス増大に関する基礎知識

      2018/05/10

ペニス増大は古来から男性の願望。

増大_古代
このサイトを訪問なされている皆さんは、ご自分のペニスのサイズを計測したことはありますか?

“当然ながら、私はあります”

そして驚くべきことに、なんと世界中の99%を超える男性が、
思春期、青年期、壮年期を通じて一度以上計測した経験があるということです。

これが意味することは何なんでしょうか?

西欧ではペニス増大は一般的なこと

日本では残念ながらペニス増大に対して否定的なイメージが先行していることは事実です。実際、医学関係者にペニス増大に関して質問したら、大半が鼻で笑うか、怒りながら否定するかのどちらかだと思います。
その一方で、欧米を中心とした諸外国ではペニス増大は一般的なテーマとなっています。多くの製薬会社、大学の研究所などがペニス増大をテーマとし研究開発に取り組んでいりという報告もあります。
有名なアンドロペニスを開発発売しているのはスペインの製薬メーカーですし、また同製品は医療器具認可を取得していることは周知の事実です。医療器具の認可を取得するためには非常に厳格なエビデンス(効果を証明する研究データ)が必要とされています。これはEU諸国でも同様であり、医療器具として販売されているアンドロペニス、あるいは同社が販売する増大サプリなどは医学的臨床データによって増大効果が実証されたものだといえます。

セックスにおいてペニスの大きさは重要

増大_サイズ

一方、日本ではペニスのサイズの大小を論じることはタブーとされています。医学界の公式的な見解としては、ペニスは勃起時に6cm以上あれば正常であり、セックスに支障がないとされています。また2cm以上であれば妊娠も十分可能であるという医学者も多く存在します。
確かにセックスを単純な生殖行為と捉え、ペニスを単純に子宮口まで精子を送り届ける器官と解釈するのであればその通りなのかもしれません。

しかし、考えてみてください。セックスは男女が営むコミュニケーションの一種です。
そして、そこにおいてペニスのサイズは重要なコミュニケーションツールであります。
多くの女性が、容姿やプロポーションを相手を引き付けるためのツールとして気にするように、男性がペニスの大きさや形状を自分のセックスアピールの一部分と捉えることは当然のことです。

 - 増大理論 ,

  関連記事

ペニス増大メカニズム
ペニス増大のメカニズム

ペニス増大は人体適応力の応用 外科手術を除いたペニス増大は、“細胞の適応力”を利 …